タイの一風堂でトムヤム豚骨/2020年アジアひとりグルメ旅行記#10

タイ

この記事は2020年アジアひとりグルメ旅行記#10 です

バンコク食べ歩き4日目スタート

スポンサーリンク

タイの一風堂でトムヤム豚骨/2020年アジアひとりグルメ旅行記#10

本場のトムヤムヌードル

朝ごはんの飲むヨーグルト

今日は部屋の清掃をお願いするので、出かける前にチップを50バーツ枕元に置いてきました。

バンコクといえばバイク

まずはアソーク駅へ。
10:45ごろに目的のガパオやさんへ到着したものの、閉まっている。向かいのファミマで涼みながら11:00まで待ってみるものの、開く気配がしません。

ターミナル21へ

ファミマでカモミールティー(30バーツ)を買って、仕方なくターミナル21の5階フードコートでご飯を選ぶことに。

前回は失敗したので、今回もメニューのチョイスに悩みに悩みます、、、。

トムヤムヌードルのお味は

結局、ポークスープのヌードルトムヤム味に、揚げワンタンが1つついたものにしました(49バーツ)あっさりしたスープに豚肉と豚挽き肉、ネギなどが麺に絡んで良い感じです。もう少し甘さ控えめの方が好みですが、今回は合格点でしょう!

それにしても、チリのみじん切りが入っていて食べれば食べるほど辛くなってくる!

ちなみに、私が前回失敗したような出来合いの惣菜から選ぶタイプのお店は、作り置きをサーブするスタイルのため料理が冷めているのでおすすめしません。いろんな惣菜がずらりと並んだ様子は魅力的なのですがね、、、。
汁物ならその場で作ってくれるので、出来立てが食べられて良いと思いました。

デザートに先日も食べたココナツアイス(15バーツ)をペロリ。

これ、本当に美味しいんですよ~!
さらっとしていてスーッと体に入ってきます。コクがあるんですが、同時にさっぱりしているという不思議な味わいに病みつきです。

タイの一風堂でトムヤム豚骨!?

タイにある一風堂のメニュー

ポークヌードルがあっさりしていたのと、麺が少なめだったので何だか物足りず、ターミナル21にある一風堂で2回目のランチ(笑)

一風堂はバンコクのあちこちで見かけます。メニューも日本と同じで、白丸、赤丸、からか麺があります。トムヤムクン豚骨は昨年期間限定で販売されていたそうで、2020年も期間限定で販売中とのことです。

今回はせっかくなのでトムヤム豚骨を食べてみることにしました。

トムヤム豚骨ラーメンのお味は

さて、トムヤムクン豚骨がやってきました。思ったより赤くないですね!写真のイメージと違う、、?
スープを一口。おっ、ココナッツミルクが効いていてレッドカレーのような雰囲気、、、濃厚でピリッと刺激的です。豚骨の感じは、あまりしないかな。麺は平打ちの中太なストレート麺でした。もちもちというよりは、歯切れの良い感じで、なおかつスープがよく絡んでいます。

チャーシューは2枚乗っていて、とろけるような脂身と染みた味付けが美味しいです!たまにパクチーをつまみながら、リフレッシュ。

半分ほど食べたところでライムを絞ります。
おっ、そうだ、トムヤムクンってこんな味だったと思い出したように、ライムの酸味で一気に雰囲気が変わりました。

日本の一風堂でお馴染みのもやしはありませんでしたが、紅生姜は頼むとくれました。

今回私は単品で頼みましたが、周りを見るとみんなセットで注文してましたし、セットがだんぜんお得ですね。大きなグラスに注がれた緑茶もお代わりを注いでくれてましたし、餃子3つも付いてプラス40バーツほどなので。(スーパーなどで500mlのお茶が一本30バーツします)

ちなみに会計はお席でした。210バーツにTax込みで247.17バーツ。
日本だとトッピングなしで780〜880円くらいするので、まあ同等な価格といったところでしょうか。

バンコクで人気のコワーキングスペース

さて、ひと駅歩いてプロムポン駅へ移動します。

エンポリウムというデパートの中へ。バンコクで大きなビルの中にはどこもブランドショップが入っていますね。メイクフロアのラインナップも似ていて、なんだか日本の伊勢丹とか三越にいるような気分になります。

人気のコワーキングスペース「AIS D.C」

目的はエンポリウムの5階にあるコワーキングスペース、「AIS D.C (AIS Design Center)」

ワンデイの利用料150バーツを支払って、電源、Wifi、エアコンの揃った空間(飲食持ち込み可)で自由に作業することが出来ます。私が入った時は多くの外国人や地元の学生らしき人々で賑わっていました。

この施設はマップ上は図書館として表示されており、実際に本が沢山ありました。ですが、本を読んでいる人はほとんどおらず、みんなPCやノートと睨めっこ。
私も少しブログ作業を行って、この場を満喫しました。

詳しい様子はこちらの記事で紹介しています

イムチャン食堂でカリカリポーク丼

帰りにプロムポン駅そばにある、イムチャンという地元の食堂へ。

クリスピーポーク丼が美味しい!

カリカリ豚のバジル炒めに、オムレツをのせてもらいました。(70バーツ)

これが、美味しかった~!味付けがガパオに近いんですが、カリカリのローストポークの食感と旨味が堪らない。辛さも丁度良いですし、量も多すぎない。味付けが日本で出てきてもおかしくない一皿でした。

スイカシェイク(40バーツ)も甘くてキンキンに冷えてて、めちゃくちゃ美味しくて一気飲みでした。

そんなこんなで、ホテルへ帰り、4日目も終了です。

バス運転手の横にあった以外なモノ、、

帰りのバスの中、ふと運転席に目をやると、、、

そこにあったのはスイカの食べ終わった皮(笑)

クーラーもないバスですからね、どんどん水分補給して欲しいです。
日本ではありえない光景ですが、このゆるさが良いな〜と思ったのでした。

そんな感じでタイ4日目、終了です。

明日はタイでアメリカンフードざんまいの1日です!

タイっぽいひとコマ
タイトルとURLをコピーしました