タイのヤバ過ぎるストリートフード!Lang Zaap 野性味溢れる酸っぱ辛ポークスープ

タイ

「Lang Zaap」という料理を知っていますか?
「Leng Saap」や、「Laeng Saeb」、英語だと「Hot and Sour pork neck soup」または「Hot and Sour pork rib soup」と表記されることもありますが、タイで食べられる、豚の骨つき肉のスープのこと。

日本ではまだまだ認知度の低いこの料理「Lang Zaap」を紹介します!

スポンサーリンク

Lang Zaap とは?

What’s Lang Zaap ?

「Lang Zaap」とは、豚の首の骨つき肉を煮込んで、ライムとチリで酸っぱ辛く味付けした料理のことです。

大量に入れられた薬味の青ネギが目を惹きますね。

人気ユーチューバー「Mark Wiens」さんが動画内で紹介していたのを観てその存在を知りました。

The MOST INSANE Street Food in Thailand!

Lang Zaapの特徴

柔らかくてトロトロの骨つき肉

ゴロゴロっと器に盛られたお肉は、豚の首の骨つき肉。

フォークやお箸で骨からお肉を剥がして、熱々のスープに浸して食べるのがLang Zaapの美味しい食べ方です。

手でお肉を持ってかぶりつくのもワイルドで良いですね!

お肉が本当に柔らかくて、持ち上げると崩れ落ちてしまうほど。

お肉を剥がす作業も楽しくて、黙々と集中してしまいます。

カニを食べるのに似てるかもしれませんw

旨味たっぷりのサワーチリスープ

肝心のスープの味が写真からは想像しにくいかもしれませんが、一言で言うと「酸っぱ辛い」味です。

お肉と骨のダシが効いており、ナンプラー、ライム、グリーンチリやスパイスで味付けしたスープです。

透明でスッキリしていますが、塩味もしっかりあるのでパンチもあります。

お肉をほぐして、スープに浸して、口に放り込むのが幸せ。

あ〜写真を見返していると食べたくなってきます(笑)

一皿に3〜4本お肉が入ってましたが、気づくと完食しています。

バンコクでLang Zaapが食べれるオススメの場所

私がバンコクに滞在していた時に通っていた、アソーク駅直結の商業施設「ターミナル21」5階のフードコート「Pier 21」の中にあるお店です。

お店の番号は番で、ポークヌードルのお店なので看板に「Pork Noodle」と書かれています。

メニューを見て、書かれた番号をお店の人に伝えてオーダーしましょう。

このお店では、1人前のちょうど良い量がたったの60バーツ(約200円)で食べることができましたよ。

フードコート内は清潔で涼しいので、屋台はちょっとハードルが高いと思う方は特におすすめです!

手作りレシピもある!?

「Laeng Saeb」
「Leng Saap」
「Hot and Sour pork rib soup」

などのキーワードで調べると、レシピがたくさん出てきます。

豚の首の骨付き肉を手に入れることは難しいかもしれませんが、スペアリブで代用できるかもしれません。近いうちに挑戦して見たいと思います!!

あ〜食べたい(笑)

タイトルとURLをコピーしました