【無印】2020’秋の新作「ごはんにかける バクテー」のお味は?

無印良品

2020年9月16日に無印良品から多くの新商品が発売されました。

人気のレトルト食品「ごはんにかける」シリーズも新リニューアルされ、その中には今回新発売となった「ごはんにかける バクテー」も!

個人的にバクテーは大好物なので楽しみにしており、さっそく食べてみました。

スポンサーリンク

ごはんにかける バクテー

消費税込350円

バクテーとは?

肉骨茶(バクテー、パクテー)はマレーシアのスープ料理である。

ぶつ切りの豚あばら肉(皮付き)や内臓肉を、漢方薬に用いる生薬と中国醤油で煮込んだ料理で、一般的には土鍋で供され、白米にスープを掛けながら食べる。

wikipediaより

マレーシアが発祥のスタミナ料理で、シンガポールなどでも愛されているアジア料理です。

私はシンガポールに行った際に初めて食べてその味に感動して以来、バクテーの大ファンになりました。

日本ではまだまだ浸透していないこの「バクテー」をごはんにかけるシリーズに加えるとは、さすが無印良品としか思えません!

味のしみた豚肉と大根がゴロゴロ

中身を開けるとゴロッとした豚肉と大根が出てきました。

とろとろの脂身付きの豚肉が入ってるのは、レトルト食品にしてはすごいですね。

豚の角煮とタレがしみしみの大根、嫌いな日本人なんてきっと居ませんよね。

味の濃いスープでごはんが進む

肝心のスープは醤油ベースの甘辛い味付けで、ほんのり香辛料が香ります。

日本人が大好きな、豚の角煮の煮物の味付けにすごく近いです!

煮物のタレをごはんにかけて食べてるみたいな感じw

濃い味付けでご飯が進みますが、スープとして食べるには味がかなり濃い!

ごはんにかけるシリーズなだけあって、ご飯との相性をよく考えられているようです。

ごはんにかける バクテーのおすすめ度は?

具の割合が少なめでスープがメインなので、これで350円はちょっと高いかな〜という印象です。

おすすめ度は、75%

味は美味しいので、バクテーがどんなものか?試してみたい方は良いかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました