今のところ生茶デカフェが一番美味しいと思う【カフェインレス緑茶】

カフェインレス生活

数少ないカフェインレス緑茶の中で、1番美味しいと思っている「生茶 デカフェ」を紹介します。

スポンサーリンク

キリン 生茶 デカフェ

コンビニにも置いてるカフェインレスは貴重

カフェインレスのペットボトルの内、コンビニやスーパーで置いてる率No.1なのがこの「生茶 デカフェ」です(置いてる率は私の経験上のものw)

まぁ冗談ではなく、コーヒーのカフェインレス商品は存在していないわけではないのにコンビニに置いていないことの方がはるかに多いし、紅茶のディカフェに至ってはコンビニで見たことは1度もありません(汗)午後の紅茶とか、アーマッドのペットボトル商品があるんですがね・・。

さすがのKIRINさんのチカラというべきなのか、コンビニやスーパーで高い確率で売り場に鎮座している「生茶 デカフェ」ですが、単にネームバリューがあるからというわけではなく、売り場を用意してもらえる(=売れる)、消費者に支持される理由がちゃんとあると感じています。

シンプルに味が美味しい

本家「生茶」にも負けない濁りのある緑茶で、まろやかさと程よい渋みが味わい深いお茶です。

ほんのりとろみがある口当たりで、やさしい甘さがあります。

ボトルの底にはお茶の成分が沈澱しているので、飲む前によく振るのが美味しく飲むポイントです。

カフェイン量は?

「生茶 デカフェ」に含まれるカフェイン量は、100mlあたり0.001g未満。

普通の緑茶には100mlあたり20mg(0.020g)ほどなので、20分の1の量です。

成人における健康に害のない1日の摂取量が400mgと言われているので、ボトル1本を飲んでも1%に満たない程度ですね。

カフェインレスとは言われないと分からない

原料は緑茶、生茶葉抽出物、ビタミンCのみ。

カフェインレスといっても、何かを添加しているわけではなく通常の茶葉からカフェインを除去したものを使っています。

カフェイン除去の方法には、キリン独自の『カフェインクリア製法』(特許技術)を採用しているようです。

この独自の製法のおかげか、他のカフェインレス緑茶では物足りなさが目立つ一方、「生茶 デカフェ」はカフェインレスとは言われないと気づかないくらい緑茶らしい味わいを楽しめます。

スッキリしているのでぐびっと飲むのも美味しいし、食事と飲んでも風味が負けず、あんこなどのお菓子に合わせて味わいながら飲むことも楽しめます。

この生茶に使われているお茶、茶葉で売ってくれたらぜひ買いたいものです!

まだ飲んだことがない人も、騙されたと思って一度試してみてください。

タイトルとURLをコピーしました